敏感肌をマッサージして自然治癒力を引き出そう!

敏感肌にもいろいろなタイプがある

皆さんは敏感肌にもいろいろなタイプがあるって知っていましたか?
単純に肌荒れが起こりやすい、ニキビが出来やすいから敏感肌だと思い込んでいませんか?
ニキビ肌やアトピー肌、肌荒れが起こりやすい肌であれば、いじらないことが大切だとされています。
でも、もしかしたらその腫れ物に触るような扱いが、肌トラブルを持続させているのかも知れません。
なぜなら、お肌の新陳代謝が落ちていると、肌が治ろうとするスキンホメオスタシスを引き出せないから。
極端にいじらないスキンケアが、血行不良をそのままにさせているのかも知れません。

敏感肌スキンケアの方法を考えよう

敏感肌で荒れ始めると化粧品を付けない、薬しか塗らない、全くいじらないという方がままいますが、これは極端な考え方です。
きちんとスキンケアをしてあげて、栄養を補給して、血行を促進してあげた方が、治りが早いことも多いのです。
そもそも健康的なお肌であれば、肌トラブルは起こりません。
かぶれやすい、荒れやすい、そんな不健康な肌であるために、お肌の新陳代謝をあげてあげることが大切なのです。
そのために最適なのが、洗顔時のクレンジングマッサージです。

おすすめはクレンジングマッサージ

敏感肌の新陳代謝を引き出すためにおすすめなのが、ふわっと優しいタッチで行う洗顔マッサージです。
皮膚が一番荒れている時期は駄目ですが、常日頃から敏感肌の新陳代謝をあげるためにマッサージは欠かさないようにしましょう。
マッサージは泡やクリームで肌が守られているクレンジングと、洗顔のときに行うだけで十分です。
平常時には特に必要ありません。
お肌の皮脂や汚れを浮かせて落とす際に、上からそっと撫でるようなソフトなタッチで頬を撫でていきます。
これだけでお肌への適度な刺激になります。

刺激を与えすぎないことが大切

マッサージで用いるクレンジング剤は、刺激が強すぎない無添加化粧品や敏感肌化粧品が最適です。
クリームタイプやジェルタイプを選べば、肌と指が直接触れることもなく、スムーズに滑って安全です。
皮脂の落としすぎ、洗いすぎは肌を傷める原因になるため、クレンジングなら5分程度、皮脂を落としている洗顔なら2分程度でマッサージは留めましょう。
肌に直接ダメージを与えないように、優しくほぐすように洗うことが、敏感肌のスキンケアにも一番なのです。