保湿化粧品に頼りすぎないスキンケア

海外と日本で違う保湿ケア

海外のスキンケアと日本で行われているスキンケアを比べてみると、化粧水の扱いがぜんぜん違うことに驚きます。
日本人女性は化粧水による保湿を凄く重視しますが、海外では保湿はそれほど重視されていません。
日本では洗顔後はたっぷりの化粧水でしっかり保湿。
洗顔で奪ってしまった水分を補給してあげることで、お肌にうるおいを与えます。
しかしアメリカやヨーロッパの保湿化粧品の口コミを調べてみると、全然、スキンケアの方法が違います。
海外では、洗顔後は収れん化粧水(拭き取り化粧水)でお肌をひきしめるぐらいしかしていないことがわかります。
その目的も保湿や水分補給ではなく、お肌の表面に残った汚れや角質を取り去るためなのです。

化粧水は肌にしみ込まないと意味無し

肌質や気候の違いかも知れませんが、それぐらい日本人は化粧水での保湿に命をかけています。
化粧水にもいろいろあり、美白化粧水や保湿化粧水、拭き取り化粧水etc…。
夜はコットンパックやシートマスクでのスキンケアも行いますよね。
しかしこれも健康な肌であって初めて効果を発揮するもの。
ただ水分をあれこれ与えても、肌の奥にしみ込まなければ水分はすぐに蒸発して無くなってしまいます。
アルコール分の多い収れん化粧水や石油成分の多い製品であればなおさらです。

お肌は自分でうるおいを保つ

スキンホメオスタシスの考え方で重要なのは、「お肌自身がうるおいを保つ」機能を引き出すこと。
そのためにはむやみやたらに保湿化粧水をつけるのはNG。
一方的に化粧水を与えるのではなくて、肌が自分で保湿する肌環境を作り直すことが大切です。
化粧水はあくまでも肌自身のうるおいをサポートするために与えるものだと考え方を転換することが大切です。

肌の自然なうるおいを引き出すスキンケア

肌のうるおいを引き出すには、まずは洗顔とマッサージにより、滞った新陳代謝を回復させてあげましょう。
洗顔できちんと古い角質や過剰な皮脂を落として、毎日お肌を入念にマッサージしてあげます。
肌をほぐして、血行を良くして、化粧水が浸透する環境を作ることが大切です。
そもそも皮脂は天然の保湿成分と言えます。
人間の体に備わった皮脂をうまくコントロールして、保湿化粧水でサポートしてあげれば、自然に肌のうるおいは保たれます。