スキンホメオスタシスを引き出す無添加化粧品

二十歳でお肌の肌質は決まります

10代は男性も女性も成長期なのでお肌のバランスを崩しやすい期間。
思春期ニキビや肌荒れ、化粧品が合わないなどの苦労をみなさん通り抜けて大人になります。
20代になれば皮脂の分泌量も落ち着いてきて、お肌の水分と油分のバランスも決まってきます。
この頃に肌質診断をすれば、自分がオイリー肌なのか、乾燥肌なのかなどがわかるでしょう。
人によっては額から鼻筋にかけてが脂性肌で、頬や目尻が乾燥性の敏感肌、などの混合肌の方もいらっしゃいます。
しかし、総じてこの頃に自分の肌質は確定して、30代の年齢肌が出てくるまで安定するのです。

20代の大人ニキビが増えています。

しかしなぜかこの20代になってから急に肌荒れになる人がいま増えています。
乾燥性の敏感肌に悩んだり、大人ニキビがあご周りに出てきたり。
まぶたがくすんで、クマもとれないし、目尻になぜか小じわまで、という方がブログや口コミでもちらほら見受けられます。
なぜ肌質が安定するはずの20代になって、逆に肌が不安定になってしまうのでしょうか?
それは生活習慣が夜型の方が増えてきたのと、食生活の変化、仕事や人間関係のストレス、そして化粧品選びやスキンケアの失敗が原因です。
無添加化粧品の口コミを見ても、20代でお肌の血行が悪く、たるみやくすみができてしまっている人は、総じて、間違ったスキンケアの方法を行っているのです。

必要なのは肌のチカラを引き出すこと

肌のくすみや目尻の小じわ、クマができてしまっているときは、化粧品で隠すのではなく、むしろ基礎化粧品で肌の活力を引き出すスキンケアをしなければなりません。
お肌は自分で自分の健康を保ったり、治ろうとするホメオスタシス(恒常性、homeostasis)という機能を持っています。
これを「スキンホメオスタシス」と言います。
体の体温や血流量、血液成分などのバランスを保ち、自律神経と内分泌腺の働きを安定させ、精神的なバランスを健やかに保つ、そんな自律的な肌機能が私たちの体には備わっているのです。

恒常性を保つ無添加化粧品でのスキンケア

そのホメオスタシスの機能を阻害してしまっているのが、前述の生活習慣の問題、食生活の問題、人間関係のストレス、そしてスキンケアの失敗です。
1つずつ取り上げていきますが、特にスキンケアでは、化粧品の選び方を誤っている人が多く目につきます。
若い内から刺激に強い化粧品に慣れてしまうと、エイジングケアが必要な30代になってから苦労します。
まずは早め早めに低刺激の無添加化粧品やオーガニックコスメを利用して、肌の活力を引き出すスキンケアに変えていきましょう。
自分で自分をキレイに輝かせるお肌の機能を信じて、ホメオスタシスを引き出すスキンケアに変えていくのです。
特に無添加化粧品は刺激物が少ないので安心です。